音楽作品 Musical Works
ピアノの為のソナチネ Sonatine pour piano, 1991
 発行
 備考
TO-ON 東音企画, 1996 年 3 月
1996 年度 PTNA ピアノコンペティション F 級課題曲
M.ラヴェルの『ソナチネ』にならい, 規範的な楽曲形式の中で自己の感性や思惟をいかに凝縮して表出するかを課題として作曲.
 第 1 楽章 2/4 拍子, 嬰ハ長調, ソナタ形式
 第 2 楽章 2/4 拍子, 変ロ長調, 単純三部形式
 第 3 楽章 3/4 拍子, 嬰ハ長調, 単純ロンド形式
吹奏楽の為の序曲 Overture for Wind Orchestra, 1989
 発行
 備考
全日本吹奏楽連盟・カワイ出版, 2000 年 1 月
2000 年度 全日本吹奏楽コンクール課題曲Ⅳ
J.バーンズや J.スウェアリンジェンの教育用作品にならい, 華やかで希望に満ちた主題の中に淡い憧憬を表した叙情的な中間部を織りまぜて作曲.
 6/8 拍子, 変ロ長調, 複合三部形式
少年の頃 Boyhood, 2001
 所収
 発行
 備考
合唱名曲シリーズ 31
全日本合唱連盟・カワイ出版, 2002 年 3 月
2002 年度 全日本合唱コンクール 課題曲 G4
混声合唱の為の《五つの映像》(詞:佐藤博美)第 4 曲
純真で好奇心旺盛な少年の心情を表したリズミカルな主題と, 幼少時を懐かしく顧みる郷愁性を表した中間部を織りまぜて作曲.
 5/8 拍子, ニ長調, 複合三部形式
混声合唱の為の《五つの映像》 " 5 Images " for Mixed Chorus, 2001
 発行
 備考
カワイ出版, 2002 年 12 月
第 12 回 朝日作曲賞(全日本合唱連盟)受賞作品
佐藤博美の詩集から 5 編を選んで作曲. 内容に沿って配列した後, 各曲の調性とテンポを考慮して組曲としての統制を図った.
 第 1 曲 夕暮の鐘 3/4 拍子, イ長調
 第 2 曲 木漏れ陽 2/4 拍子, ニ長調
 第 3 曲 銀色の星 3/4 拍子, 嬰ヘ短調
 第 4 曲 少年の頃 5/8 拍子, ニ長調
 第 5 曲 無色の春 4/4 拍子, イ長調

3つの童謡 Three Nursery Rhymes, 2003
 所収
 発行
 備考
青木明代『ひるとよるとのとりかえっこ』, わたなべゆうか『しあわせのこおろぎ』
てらいんく, 2004 年 4 がつ, 2010 年 9 月
「蝸牛の会」同人による朗読と演奏会のために作曲.
 第 1 曲 三月(詞:青木明代), 2/4 拍子, ホ長調
 第 2 曲 かわ(詞:わたなべゆうか), 3/4 拍子, ハ短調
 第 3 曲 とりかえっこ(詞:青木明代), 6/8 拍子, ニ長調
光の帝国 The Empire of Lights, 1999
 発行
 備考
ウィンドアート出版, 2000 年
標題は R.マグリットの絵画による. 音楽的内容はこの絵画との直接的関連性はない. 2 つの主題による自由なソナタ形式で作曲.
 6/8 拍子, イ短調
編成は,(全日本吹奏楽連盟が定める)大編成
胡蝶の夢 The Dreams of Butterfly, 2003
 発行
 備考
ウィンドアート出版, 2004 年
夢と現実が漠然と交錯する様子や世の儚さをモチーフとして作曲. 複数の主題が単独あるいは相互に重なって登場し, いずれの主題も長く留まらずに現れては消えてゆく.
 3/4 拍子, ハ短調
編成は,(全日本吹奏楽連盟が定める)大編成
祝典の為のファンファーレとコラール Fanfare and Choral for Celebration, 2006
 発行
 備考
ウィンドアート出版, 2008 年
埼玉県立与野高等学校吹奏楽部 第 30 回 定期演奏会のために, 人間の営為の源となりうる「旧き良き時代への回顧」と「輝かしき未来への憧憬」をモチーフとして作曲.

 3/4 拍子を中心とした変拍子. ヘ長調

編成は, コールアングレ, ハープ, チェレスタ, マリンバ 2 台を含む大編成
シテール島への船出 L'Embarquement pour Cythère, 2010
 発行
 備考
カフアレコード, 2011 年
標題は A.ヴァトーの絵画による. この絵画から受ける印象としての「将来への期待感や幸福感」といった感情の表現を意図して作曲.
 4/4 拍子, 変ホ長調
編成は,(全日本吹奏楽連盟が定める)大編成.
フェスティヴァル・ファンファーレ Festival Fanfare
 発行
 備考
ウィンドアート出版, 2013 年
標題はイギリス発祥のバラの品種による. マーブル模様の控えめなこのバラに因み, 与野吹奏楽団定期演奏会のオープニング用(メインではない)音楽として作曲.
 6/8 拍子, 変ロ長調
編成は,(全日本吹奏楽連盟が定める)大編成.
太平洋に架かる橋 The Bridge Across The Pacific, 2013  
 発行
 備考
ウィンドアート出版, 2013 年
農業経済学を軸として学生や国民に精神的な感化を与え, 国連事務次官(太平洋の架け橋)として活躍した新渡戸稲造の波乱万丈な生涯を象徴的に描く音楽として作曲.
 4/4 拍子, ヘ短調
編成は, コールアングレ, ソプラノサクソフォン, ピアノを含む大編成.

寄稿, 研究 Contribution, Research
ピアノの為のソナチネ 解題
 所収
 発行
 備考
全日本ピアノ指導者協会 会報『Our Music』No.190
全日本ピアノ指導者協会, 1996 年 4 月
作曲の経緯, 楽曲構造の解説, 奏者への演奏上のアドヴァイス.
授業実践の試案 ~数学に対する意欲を高めるための~
 所収
 発表
 備考
第 36 回 中部地区私学教育研修会 研究発表資料(日本私学教育研究所)
福井工業大学, 1997 年 10 月

因数分解を題材とした, 生徒の自発的な問題発見とその解決とを促進する授業の試み.
私の創作活動の原点
 所収
 発行
 備考
全日本吹奏楽連盟 会報『すいそうがく』No.146
全日本吹奏楽連盟, 1999 年 10 月
創作活動の原動力となる「作曲家や研究者への憧憬」を綴ったエッセイ.
死刑存廃論を考える
 所収
 発表
 備考
埼玉県立蓮田高等学校 紀要 第 5 号
埼玉県立蓮田高等学校, 2000 年 3 月
わが国の死刑制度の現状紹介, 死刑存廃論における論点の比較検証.
 1. 法律上の問題 2. 審議上の問題 3. 執行上の問題
 4. 調査上の問題 5. 感情上の問題 6. 社会上の問題
朝日作曲賞を受賞して
 所収
 発行
 備考
全日本合唱連盟 会報『はーもにー』No.118
全日本合唱連盟, 2001 年 8 月
創作活動の原動力となる「作曲家や研究者への憧憬」を綴ったエッセイ.
「相加平均・相乗平均の関係」を含む関数
 所収
 発表
 備考
日本数学教育学会誌 第 83 巻 総会特集号
埼玉大学, 2001 年 8 月

ある実連続函数における特殊値としての関数を用いて「相加平均・相乗平均の関係」を導出する試み. 実関数である累乗平均と同様, 両平均の定数部分に実数値指数を施すことで解析的な扱いを可能にし, 関係式の一般化を図る.
西田幾多郎と京都学派
 発表
 備考
埼玉県立蓮田高等学校 教職員研究会, 2001 年 12 月
西田幾多郎の生涯と人間性, その哲学の独創性と京都学派における人間模様の紹介.
 1. 西田との出逢い 2. 随筆に見る生涯 3. 日記に見る人物
 4. 人間形成の背景 5. その哲学的魅力 6. その人間的魅力
情感を込めた合唱で聴き手に豊かな映像を
 所収
 発表
 備考
全日本合唱連盟 会報『はーもにー』No.120
全日本合唱連盟, 2002 年 4 月
《五つの映像》作曲の経緯, 楽曲構造の解説, 奏者への演奏上のアドヴァイス.
フェルマーの最終定理と数論における未解決問題
 発表
 備考
埼玉県立蓮田高等学校 教職員研究会, 2003 年 12 月
フェルマーの最終定理の解決までの歴史的潮流と数論における未解決問題の紹介.
 1. Phytagoras 数 2. Fermat 曲線 3. Kummer の手法
 4. Model 予想 5. 楕円曲線と谷山-志村予想 6. 未解決問題
微積分の指導上の問題
 所収
 発表
 備考
埼玉県高等学校数学教育研究会, 研究発表会資料
埼玉県県民活動総合センター, 2004 年 2 月
数学の発展過程や論理的整合性を忘却しやすい教科書教材の例.
プロフィールと近況
 所収
 発行
 備考
埼玉の音楽家 100 人
人物新報社, テレビ埼玉ニュージック, 2007 年 11 月
埼玉県在住の音楽家 100 人の中の一人として, プロフィールと近況を掲載.
(取材に基づき, 標題を含めすべて編集者が執筆したもの)
経歴とアンケート
 所収
 発行
 備考
日本の作曲家 近現代音楽人名事典
日外アソシエーツ, 紀伊國屋書店, 2008 年 6 月
日本国在住の作曲家 1,247 人の中の一人として, 主な経歴とアンケート項目を掲載.
 1. 出生地 2. 師 3. 学歴 4. 受賞歴 5. 興味 6. 好むレコード
 7. 印象に残るコンサート 8. 生涯の一曲 9. 代表作 10. 趣味 11. 座右の銘

交代冪和の性質
 所収
 発行
 備考
埼玉県高等学校数学教育研究会誌 第 48 号
浦和コミュニティーセンター, 2011 年 2 月
数値実験から導きうる交代冪和の諸性質, 主要定理と未解決問題の紹介.
Faulhaber の冪和公式に類似した交代冪和を考察し, M.S.Ruiz の恒等式を導出した後, 交代冪和の拡張とその性質を考察する.
フィボナッチ数に関する一考察
 所収
 発行
 備考
埼玉県高等学校数学教育研究会誌 第 49 号
浦和コミュニティーセンター, 2012 年 2 月
数値実験から導きうる Finobacci 数の諸性質, 課題研究教材への試み.
Fibonacci 数の著名な関係式を紹介した後, 同値変形から得られる関係式や数値実験から得られる関係式を新たに導出する.
オイラーの分数式
 所収
 発行
 備考
埼玉県高等学校数学教育研究会誌 第 50 号
浦和コミュニティーセンター, 2013 年 2 月
Euler の分数式 ― その一般化と基本対称式による表現.
Lagrange の補間式を用いて有理式 E3(k) を求め, Newton-Girard の公式に類似した漸化式を用いて基本対称式による多項式表現を求める.
実験・予想・証明
 所収
 発行
 備考
埼玉県高等学校数学教育研究会誌 第 51 号
浦和コミュニティーセンター, 2014 年 2 月
課題研究教材としての創作数列における課題設定と解決過程の紹介.
Excel を用いた数値実験により, 仮説を組み立て, 予想やその証明を得た後, 他に解が存在するか否かを詳細な場合分けをもって検証する.
数学における良問と難問
 所収
 発行
 備考
埼玉県高等学校数学教育研究会誌 第 52 号
浦和コミュニティーセンター, 2015 年 2 月
数学における良問と難問の要件および問題創作の要件を考察.
応用の効く手法で解後感がよく, 多様な解法をもち, その数学的背景に研究の余地を見出せるなど, 魅力的な問題の創作過程を紹介する.
tanθ の加法定理から
 所収
 発行
 備考
埼玉県高等学校数学教育研究会誌 第 53 号
浦和コミュニティーセンター, 2016 年 2 月

三角関数における, 一般には知られていない関係式の導出方法の考察.
大学入試問題を発端として, 問題の簡潔性, 規則の単純性, 結果の意外性, などを兼ね備えた, 興味深い関係式を導出する可能性とその方法を紹介する.
ある対称式の冪乗から
 所収
 発行
 備考
埼玉県高等学校数学教育研究会誌 第 54 号
浦和コミュニティーセンター, 2017 年 2 月
x の n 乗とその逆数の和 F(n) の考察. F(1)=a(定数)ならば F(n) は a の n 次式として定式化でき, F(n) が周期関数になる条件や, 自然数 a に対して a-1 や a-2 などを法とする F(n) の剰余類における規則性を見出した. Excel による数値実験と理論検証との協働によるこれらの発見過程を紹介する.
教材研究の魅力
 発表
 
 備考
埼玉県高等学校教諭(数学)10 年経験者研修会
埼玉県総合教育センター, 2014 年 7 月, 2015 年 8 月, 2016 年 8 月

数学における教材研究の目的と意義, 教材開発の実践例.
高数研の発表事例をもとに, 問題の発見の仕方, 研究の方針と題材の発展のさせ方, 生徒の教材化の方法など, 教師が自ら楽しみつつ数学に携わる姿勢を紹介する.

© Copyright 2017 SAKATA MASAHIRO, Saitama, Japan. All Rights Reserved.